人気ブログランキング |
ブログトップ

徳島県のトンボ観察記

akatombo.exblog.jp

徳島県のトンボ blog

<   2018年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

北海道では真夏日になったようですが、
こちらは、曇り空で、朝は肌寒い感じでした。
おまけに、10時過ぎには雨がぱらつき始めてしまいました。
今日は午後から所用があり、ちょうど良かった (^_^)v・・・。

昼までには帰宅しないといけないのですが、三好市方面へ行ってきました。
というのも、一昨日の阿波学会の中間報告会の後、アオサナエの羽化殻チェックでは、まだだったのですが、そろそろ始まっているだろうと・・・・。

まず、目的地手前の溜池で・・・

  ▼トラフトンボ♂ 羽化不全
d0156387_19053680.jpg

  ▼クロスジギンヤンマ♀ 産卵
d0156387_19052812.jpg

そして、アオサナエですが、一昨日無かったところに、羽化殻が1個だけですがありました。
羽化が始まっているようです。
と言うことで、探索を開始しましたが、発見できず(>_<)。

  ▼アオサナエ 羽化殻
d0156387_19052361.jpg

天候も悪かったのですが、黒沢湿原方面へ!
到着後すぐに小雨がぱらついてきて、あまり探索できませんでした。

  ▼サラサヤンマ 羽化殻
d0156387_19051993.jpg

サラサヤンマの羽化殻は一昨日から追加が何個かありましたが、羽化個体は発見できず。


  ▼ヨツボシトンボ♂ 羽化
d0156387_19051485.jpg

以下は、黒沢湿原、本日の写真です。

d0156387_19050910.jpg

d0156387_19050560.jpg

d0156387_19050052.jpg

d0156387_19045626.jpg





by z-akatombo | 2018-04-30 19:25 | トンボ | Comments(0)
連休2日目も快晴です。

朝、起きてからどこへ行こうか考えるんですが
いろいろ迷って、朝はトラフトンボの交尾、産卵
午後はムカシトンボの♂バトル、産卵
さらに、夕方はフタスジサナエの産卵など目論みましたが
中途半端な一日になりました。

朝一は、道中で途中下車しながら・・・・

  ▼クロスジギンヤンマ♂ 羽化
d0156387_20272537.jpg

  ▼ヤマサナエ 羽化殻
d0156387_20271638.jpg


そして、本命のトラフトンボは10頭くらいが縄張り飛翔してますが
交尾態がやってきません。
唯一、交尾態となって樹上に飛び去るのを見ただけでした。

  ▼トラフトンボ♂ パトロール飛翔
d0156387_20272108.jpg


諦めてムカシトンボの谷へ
こちらも♂が時々、探雌飛翔にやってきますが、数が少なく、
♀も最後まで、やってきませんでした(>_<)。

  ▼ムカシトンボ♂ パトロール飛翔
d0156387_20270472.jpg

中央から左下にパトロールしている♂が写っています(^_^)v。
フキの茎の間を丁寧に探します。

  ▼ムカシトンボ♂ パトロール飛翔
d0156387_20270146.jpg

d0156387_20265576.jpg

d0156387_20265123.jpg

d0156387_20262722.jpg
  ↑ やっぱ、毛深いねぇ~


d0156387_20262359.jpg

  ↑ パトロール中にも餌の小昆虫が近くを飛ぶと、捕まえて食べます。
    丁度、捕食しているところです。



お昼過ぎでしたが、ヒメクロサナエが羽化殻に掴まった状態でいました。

  ▼ヒメクロサナエ♀ 羽化
d0156387_20270800.jpg


ラストはフタスジサナエですが、こちらも♂だけで、産卵♀はお目にかかれませんでした。

  ▼フタスジサナエ ♀未熟
d0156387_20271944.jpg

  ▼ヤマサナエ♂ 未熟
d0156387_20271279.jpg




by z-akatombo | 2018-04-29 20:59 | トンボ | Comments(0)

連休初日から快晴のトンボ日和です。
しかし、今日は阿波学会の中間報告会が、三好市で
午前10時から午後3時30分まで会議に出席なのです(>_<)。

で、それまでに黒沢湿原でサラサヤンマの羽化探しです。

現地には6時に到着

  ▼早朝の黒沢湿原

d0156387_21375531.jpg


う~ん、いいねぇ~  幻想的な景色です。
さて、サラサヤンマの羽化探しですが、なかなか見つからない!
ここでの初見記録は4月29日ですが、今年はみんな早めなので羽化しているはずと探していると、

  ▼サラサヤンマの羽化と思われる個体

d0156387_21375142.jpg

羽化中にアリに襲われたようです。
サラサヤンマと確信が持てないので、すぐ下を見ると
ありました!幼虫の腹部が落ちていました。
サラサヤンマ確定です。

そして、次に見つかったのが、こんな早い時間なのに羽化が完全に終了しています。

  ▼サラサヤンマ♂ 羽化
d0156387_21374657.jpg
なんか、腹部が曲がっているし、ひょっとしたら昨日の羽化かも知れません。

そして、5分後、次に見つかったのは定位しかけているサラサのヤゴでした。

  ▼サラサヤンマ♂ 定位
d0156387_21374121.jpg


これで、会議までの時間を、おつきあいしようと思いながらも、近くを探索して帰ってくると

  ▼サラサヤンマ♂ 羽化
d0156387_21373604.jpg

なんと、アリに襲われていました。
慌てて、アリを撃退させるのですが、ヤゴにダメージを与えないようにするのは難しい!!

  ▼サラサヤンマ♂ 羽化
d0156387_21373233.jpg

何とか、上の状態まで来ましたが、時々アリが襲ってくるので忙しい!
そろそろ腹部を抜き出しても良い頃なのですが、何か苦しいのか、
6本の脚でもがいている感じで・・・・・

  ▼サラサヤンマ♂ 羽化
d0156387_21372858.jpg

 ↑6本の足をぐるぐると回してもがいている感じでした。
  結局、5分ほど目を離した隙にアリに襲われ、万事休すでした。残念!!


  ▼阿波学会 中間報告会
d0156387_21372414.jpg

お昼休みにすぐ近くの溜池でホソミイトの観察です。

  ▼ホソミイトトンボ 連結産卵
d0156387_21372107.jpg
d0156387_21371577.jpg

おまけです。
黒沢湿原のオンツツジは開花にちょっとバラツキもありますが、ほぼ満開の状態です。

  ▼黒沢湿原のオンツツジ
d0156387_21591646.jpg




by z-akatombo | 2018-04-28 22:06 | トンボ | Comments(0)

いよいよ明日からゴールデンウィークです。
今年のGWの占いということで、
夕方、ムカシトンボを狙って見ました。


  ▼観察地

d0156387_16343336.jpg



谷へ降りてすぐの所で、フキの茎を確認すると
すぐに産卵された茎を発見!
と、すぐ下流側のフキに目をやると
葉の隙間から産卵しているムカシトンボを発見!

撮影を始めようとすると、♂が探雌飛翔でやってきたので
慌てて手を振って、追っ払って何とか撮影(♂に見つかると♀を連れ去られるため)

取りあえず、写真を確認していると♀は産卵を終えて飛び去ってしまいました。

その後は♂も現れず、ラッキーなのかアンラッキーなのか?
まっ、あと2分ほど到着が遅れていたら坊主でしたから
ラッキーなのでしょう!


  ▼ムカシトンボ♀ 産卵

d0156387_16342793.jpg
d0156387_16342301.jpg



  ▼ムカシトンボ 産卵痕

d0156387_16341864.jpg

結局、写真に写っているフキに産卵痕があったのは最初の1本だけでした。
これからが、ピークになるのでしょう。



by z-akatombo | 2018-04-27 19:35 | トンボ | Comments(0)
『月刊むし』の5月号は
毎年恒例の 「2017年の昆虫界をふりかえって」 です。

蝶界/矢後勝也
トンボ界/枝 重夫
甲虫界/甲虫界編集グループ
蛾界/蛾界編集グループ

トンボ界は26p~34pに掲載されています。

d0156387_19090230.jpg
d0156387_19085836.jpg



by z-akatombo | 2018-04-26 19:23 | トンボの本 | Comments(0)
カラカラ天気が続いていたので、一雨欲しいところです。
今日明日と雨の予報ですが、出勤日とうまくいきません(^_^;)。

早朝はまだ曇り空で、午前中くらいはもつかなと
近くの河川に出向きましたが、準備完了の所で雨がパラパラ・・・・
一通り川の中を歩いてみましたが、ダビドサナエの羽化殻もありません。
今年はトンボの出現が早いようですが、場所によってかなりの差があるように思います。

その後、雨が少し強くなってきたので、今日はこのくらいにしておこう!

  ▼観察地
d0156387_10192250.jpg
d0156387_10191884.jpg


と言うことで、シリーズ化しつつあるトンボの本の紹介です。

トンボを始めた頃から入手したかった本を最近、古本屋で見つけました。
値段も手頃だったので、すぐ購入しました。

1979年発行の「ヤンマ・オニヤンマ」
文研出版の図鑑ライブラリー⑤ 自然な色で見るトンボの王様とそのなかま です。

トンボの中でも大型のトンボ ヤンマ科、オニヤンマ科、ミナミヤンマ科のトンボを
写真を中心に解説した本です。
まだ見たことの無い、憧れのカラスヤンマやイリオモテヤンマも載っています。

d0156387_10191555.jpg
d0156387_10191212.jpg


文研の図鑑ライブラリー⑤ 
自然な色で見るトンボの王様とそのなかま
ヤンマ・オニヤンマ
昭和54年6月10日 初版発行
著者 井上 清
発行所 文研出版



by z-akatombo | 2018-04-24 10:43 | トンボの本 | Comments(0)
今日はアオサナエの羽化、あわよくばホンサナエに出会えないかと河川を攻めてみました。
しかし、川は静かすぎです。
たまにダビドサナエの羽化や羽化殻があるだけで、
ときめきが無いと、疲れますねぇ~

  ▼ダビドサナエ♂ 羽化
d0156387_17144808.jpg


ということで、仕方なく?最寄りの溜池に寄りましたが、こちらもパッとしません。

ショウジョウトンボが早くも半分、赤くなっていました。

  ▼ショウジョウトンボ♂ 半成熟
d0156387_17144343.jpg

当地では少ないアジアイトトンボ!
今シーズン初撮りです。

  ▼アジアイトトンボ♂
d0156387_17143392.jpg


他には被写体が無いので、いつもは、あまり撮らないクロイトトンボとおつきあい!

  ▼クロイトトンボ(たぶん)♀ 羽化
d0156387_17142735.jpg



  ▼クロイトトンボ(たぶん)♂ 羽化
d0156387_17142190.jpg


  ▼クロイトトンボ(たぶん)♂ 羽化
d0156387_17141539.jpg

  ▼クロイトトンボ 連結
d0156387_17140940.jpg

  ▼クロイトトンボ 移精
d0156387_17140496.jpg


  ▼クロイトトンボ 交尾
d0156387_17132788.jpg




by z-akatombo | 2018-04-22 17:48 | トンボ | Comments(0)
今年のトンボは例年より早めなので、黒沢湿原を目指しました。
いつもはゴールデンウィーク頃に行くので1週間ほど早めです。

途中、トラフトンボの様子見と思い寄り道したところ、早くも♂が2頭パトロールしていました。
へ~~、こんなに早いのかっていうかんじです。
何とか、1♀の羽化を見つけましたが、離陸寸前でした。

  ▼観察地  ~いい天気です~
d0156387_16183257.jpg

  ▼トラフトンボ♀ 羽化
d0156387_16182986.jpg


黒沢湿原は到着するなり、離陸寸前のクロスジギンヤンマ!
近づいたところで、羽を広げたところです。

  ▼クロスジギンヤンマ♂ 羽化
d0156387_16182649.jpg

クロスジギンヤンマの羽化殻はあちこちに!
もう、ピークは過ぎているようです。

  ▼クロスジギンヤンマ♀ 羽化
d0156387_16182214.jpg
d0156387_16181939.jpg
d0156387_16181673.jpg


ふと池の中央を見ると、ヨツボシトンボの♂がパトロール中です。
こちらも、かなり早く羽化がスタートしたようです。

  ▼ヨツボシトンボ♀ 羽化
d0156387_16181130.jpg
d0156387_16180717.jpg



シオヤトンボは成熟♂の縄張り、産卵も始まっていました。
羽化も少ないながら確認できました。

  ▼シオヤトンボ♀ 羽化
d0156387_16180035.jpg


  ▼シオヤトンボ♂ 羽化
d0156387_16175752.jpg


フタスジサナエもあちこちで羽化しています。
さすがに縄張り♂は見られませんでした。

  ▼フタスジサナエ♂ 羽化
d0156387_16180419.jpg


  ▼黒沢湿原の遊歩道とゼンマイ?
d0156387_16175022.jpg


  ▼オンツツジはあと1週間したら見頃になるかな
d0156387_16175314.jpg


サラサヤンマも探しましたが、こちらはまだのようです。
ここで、切り上げて帰り道は寄り道しながらの帰宅としました。

黒沢湿原近くの沢ではムカシトンボが摂食飛翔していましたが、写真は撮れず、
渓流ではヒメクロサナエの羽化も始まっていました。

  ▼ヒメクロサナエ♂ 羽化
d0156387_16174642.jpg

続いて平地の溜池に寄ってみたら、ギンヤンマのパトロール、
クロスジギンヤンマ、ヨツボシトンボ、トラフトンボの産卵など、季節は一気に進んでいるようです。

  ▼トラフトンボ 産み落とされた卵塊
d0156387_16173995.jpg

  ▼クロイトトンボ♀ 未熟
d0156387_16174280.jpg

  ▼オツネントンボ 交尾
d0156387_16173589.jpg





by z-akatombo | 2018-04-21 16:46 | トンボ | Comments(0)
1月31日に少年少年写真新聞社より
 『学校プールのヤゴのなぞ』が発行されていました。

書名にトンボが入ってなかったので気がつくのが遅くなりました。(^_^;)


d0156387_21273718.jpg

d0156387_21273438.jpg

学校プールのヤゴのなぞ
2018年1月31日 初版第1刷発行
著者 星輝行
発行所 (株)少年写真新聞社
定価 1,5005円+税

水泳授業の後の、学校プールにすむヤゴ。
トンボがいつ卵を産んで、どのように育つのか?
そのなぞを探るうちに、プールがさまざまな生き
もののすみかに・・・。




by z-akatombo | 2018-04-20 21:39 | トンボの本 | Comments(0)
そろそろ、カワトンボが羽化している頃とアサヒナカワトンボ、ニホンカワトンボの
2種が混生しているところへ。

  ▼観察地
d0156387_14461331.jpg

到着後すぐにニホンカワトンボの羽化殻を発見。
羽化写真が期待できそうです。
しかし、見つかるのは羽化殻ばかりでなかなか見つかりません。
羽化殻は点々とあちこちで見つかるのですが
1♂2♀がまとまって羽化しているのを見つけたのみです。
毎度のことながら、カワトンボ類の羽化写真はすっきりしません。
どうしても背景がぐちゃぐちゃしか撮れません。

  ▼ニホンカワトンボ♀ 羽化
d0156387_14460555.jpg
d0156387_14460232.jpg

  ▼ニホンカワトンボ♂ 羽化
d0156387_14455821.jpg


4頭目に見つけたのは、羽化殻の尾鰓の形からアサヒナカワトンボのようです。
写真では判断がつきませんねぇ~


  ▼アサヒナカワトンボ♀ 羽化
d0156387_14455429.jpg


そして、ダビドサナエも羽化が始まったようです。

  ▼ダビドサナエ♀ 羽化
d0156387_14455126.jpg
d0156387_14454771.jpg


  ▼ニホンカワトンボ♂ 未熟
d0156387_14460978.jpg




11時前に次の場所へ、といっても帰り道のフタスジサナエの様子見です。
気温が高いので、まだ羽化個体が残っているか微妙ですが・・・・・・・

現地に到着すると処女飛行するフタスジサナエや羽化殻はたくさん有り
1♂1♀の写真が何とか間に合いました。

  ▼フタスジサナエ♂ 羽化
d0156387_14454394.jpg


  ▼フタスジサナエ♀ 羽化
d0156387_14453806.jpg

d0156387_14451590.jpg







by z-akatombo | 2018-04-19 15:12 | トンボ | Comments(0)