人気ブログランキング |
ブログトップ

徳島県のトンボ観察記

akatombo.exblog.jp

徳島県のトンボ blog

20181020 コノシメトンボ

今日は県北部では滅多にお目にかかれないコノシメトンボ狙いです。
先日、県南方面で夕方の観察時に谷戸の奥でコノシメトンボを観察しています。
その周辺で生殖活動しそうな場所探しからです。

谷戸の出口には水田が広がっていますが、殆んど水がなくカラカラ状態です。
そんな中、河川の水溜まりを覗くと、周辺にコノシメトンボがいました。
今日の観察場所はここに決定!!


  ▼観察場所

d0156387_21155020.jpg

まだ時間が早いので周辺を探索。
コノシメトンボが最優先種で100頭以上が休んでいます。
♂より♀の方が多いくらいですが、生殖活動の様子は全くなしです。


  ▼コノシメトンボ♂ 休止

d0156387_21155930.jpg

  ▼コノシメトンボ♀ 休止

d0156387_21155690.jpg

しかし、時間が経過しても♂が水辺に飛来して縄張を張ることもなく
♂♀が近くに止まっても♂は何にもしない!


  ▼コノシメトンボ♂と♀

d0156387_21155397.jpg

仕方なく?周辺を再度、探索!
いました!産卵個体です!!(11時10分)
しかし、産卵しているのはアスファルト路面にある鉄製のマンホールの蓋です。
2~3分間、マンホールに産卵を続け、最後は♂と連結を解いても
♀は単独で産卵を続けていました。よほどこのマンホールが気に入ったのでしょう。


  ▼コノシメトンボ 連結打鉄産卵

d0156387_21154665.jpg

次の写真は産卵終盤の♀単独産卵写真です。
よく見ると、黄色の粒々が写っています。卵のようです。
こんなことなら最後に卵の写真も撮っておけばと反省です。


  ▼コノシメトンボ♀ 単独打鉄産卵 と 産み落とされた卵

d0156387_21154058.jpg

その後、11時40分頃からやっと水面に何組かのカップルが産卵にやってきました。
が、殆んどが雑草の間での産卵で、写真が撮りにくいったらありゃしない!
1個体が少し、解放水面に出てきてくれましたが・・・・


  ▼コノシメトンボ 連結打水産卵

d0156387_21153125.jpg

d0156387_21152728.jpg

d0156387_21151940.jpg

d0156387_21151566.jpg
d0156387_21151122.jpg


交尾はというと、1組だけ水辺近くでいましたが、草薮の中でした。


  ▼コノシメトンボ 交尾

d0156387_21150681.jpg


場所を変わってもらおうと、少し驚かせたら、一気に飛んで行ってしまいました ( ノД`)。


一方、周辺にいた♂♀は相変わらずまったりとしていました。
今日は天気もまずまずで写真が忙しいかと思っていましたが・・・・
お気に入りの写真はないままでの撤収でした。


その他、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネも
♂♀ともに同所でくつろいだままで生殖活動はアキアカネの1組だけでした。
こんな低調な日もあるんですね。




by z-akatombo | 2018-10-20 21:13 | トンボ | Comments(0)