ブログトップ

徳島県のトンボ観察記

akatombo.exblog.jp

徳島県のトンボ blog

たしか昨年はミルンヤンマの産卵を撮ってなかったような・・・

午前中、ミルン産地の手前の里地でアカネの観察、
午後からミルンの谷川に入るという算段です。


午前中は雲があるものの、まずまずの天候でアカネ類の産卵が期待できたのですが
マユタテアカネの交尾、産卵は活発でしたが、
ナツアカネ、ミヤマアカネは個体数はそこそこいるものの産卵の気配がありません。
ただ、アキアカネが1♂いました!(これで喜んでいるのですから寂しいですね~)


さて、本命のミルンヤンマも現地入りした正午頃には何にもいない!
たまに探雌飛翔する♂が通過するだけで、
縄張りを張ってくれないので、写真も撮れない状況でした。
でも、産卵場所の清掃と産卵用の朽木を追加は忘れてはいけません!!!

そんな中、1時過ぎに1頭目の産卵♀が入って来ました!!
久しぶりの撮影です。

毎度のことながら、気に入った場所が見つかるまで、点々と移動を繰り返します。
やっと落ち着いて産卵を始めました。今日も演出用の朽木が活躍です。


 ▼ミルンヤンマ♀ 産卵

d0156387_21111652.jpg
d0156387_21111338.jpg
d0156387_21110431.jpg
d0156387_21105900.jpg
d0156387_21105064.jpg

d0156387_21104687.jpg
d0156387_21104290.jpg

 ▼ミルンヤンマ♀ 産卵中の休止
d0156387_21105443.jpg


2頭目は2時過ぎに入ってきました。
写真は1頭目、2頭目が混ざっています。
5枚目の写真のようにあんな小さな朽木にも産卵するんですね。

♂の写真は撮れませんでしたが、ここのところトンボ三昧しすぎで
疲れもあることから3時には撤収しました。


最後は午前中に撮ったマユタテアカネの産卵です。


  ▼マユタテアカネ 連結打水(打泥)産卵

d0156387_21103840.jpg
d0156387_21103587.jpg



[PR]
# by z-akatombo | 2018-10-17 21:11 | トンボ | Comments(0)

今日はどんよりとした曇り空!
アカネ類の観察は、ほぼ絶望的でしょう。

案の定、水辺にはトンボが見当たりません。
僅かに、マユタテアカネ、オオアオイトトンボ、アオイトトンボが
ポツンといるくらいです。

それではということで、越冬種探しに切り替えました。
ここは、越冬種3種がいますが、最近はオツネントンボ以外は数が少なくなっています。


  ▼オツネントンボ♂

d0156387_19542317.jpg
d0156387_19555124.jpg

  ▼オツネントンボ♀

d0156387_19541622.jpg
d0156387_19541284.jpg


やはり、個体数の多いオツネントンボだけしか見つかりませんでした。
ホソミイトトンボ、ホソミオツネントンボは何処にいるのだろう。




[PR]
# by z-akatombo | 2018-10-16 19:54 | トンボ | Comments(0)
今日もアカネ日和でしたが、朝のうち所用で出かけるのが遅くなりました。
近場でアカネを狙いましたが、ほぼ終了間際でした。

タイリクアカネが何組か産卵していますが、
ヒシの葉の間に産卵しています。
かなり汚れているので、背景が汚いのしか撮れませんでした。

  ▼タイリクアカネ♂ 縄張
d0156387_16221271.jpg

  ▼タイリクアカネ 連結打水産卵
d0156387_16221722.jpg
d0156387_16222162.jpg
d0156387_16222923.jpg

リスアカネは午後になっても産卵しています。

  ▼リスアカネ 連結打空産卵
d0156387_16223666.jpg
d0156387_16224167.jpg



[PR]
# by z-akatombo | 2018-10-14 16:27 | トンボ | Comments(0)

今日はキトンボ狙いです。
徳島県では、キトンボも例に漏れず、減少しています。
既産地で見られなくなったり、多産地でも個体数が減少しています。

9時過ぎから♂が水辺に現れ、暫くすると交尾や産卵も見られるようになりました。
産卵は2段階(接水~ホバリング~打泥)の産卵を期待していたのですが、
数組の産卵を目撃しましたが、全て打水産卵でした。
しかも、草の間や薄暗い所での産卵で撮影には厳しい状況です。
また、すごく神経質で望遠で撮っているにも関わらず、あまり近寄らせてくれません。


  ▼キトンボ♂ 縄張

d0156387_17493191.jpg
d0156387_17493810.jpg
d0156387_17492458.jpg

  ▼キトンボ 交尾  

d0156387_17491808.jpg
d0156387_17491377.jpg
d0156387_17490771.jpg

  ▼キトンボ 連結産卵

d0156387_17485597.jpg
d0156387_17484228.jpg
d0156387_17485099.jpg

  ▼キトンボ♀ 産卵後の休止

d0156387_17483759.jpg
d0156387_17483095.jpg

今日はキトンボに集中しようと思っていたのですが、珍しいものに遭遇し
それを追いかけ回していました。写真は中途半端に終わってしまいましたが・・・・

それは、キトンボとネキトンボの異種間連結・交尾・産卵です。それも3組です。
最初はネキトンボ♂とキトンボ♀です。

10時40分頃、連結態で飛翔しながら、交尾を試みますが一瞬だけしか成立しません。
時々、葉上に静止します。静止状態での交尾も僅かの時間ですが成立しました。
 (交尾の形になっていますが、精子の受け渡しが出来たかは不明です。)


  ▼ネキトンボ♂-キトンボ♀ 連結での飛翔

d0156387_17482092.jpg


  ▼ネキトンボ♂-キトンボ♀ 連結 

d0156387_17482551.jpg

  ▼ネキトンボ♂×キトンボ♀ 交尾(2~3秒でした。)

d0156387_17481339.jpg


この個体は結局、交尾できずに連結を解いて、飛び去りました。


そして、次はキトンボ♂とネキトンボ♀の連結産卵です。
おおぉ~っと思いながら近づくと、足元から交尾態が飛び立ちました。
なんと、キトンボ♂のネキトンボ♀の交尾でした。
交尾を優先し、斜め後ろから取り合えず写真を撮って、
真横に移動しようとしたときにロスト! (~_~メ)


産卵していた個体は、まだやってました!
しかし、ろくな写真が撮れないうちに対岸へ飛んでいき、ロスト!!


ネキトンボとキトンボの異種間交尾等は文献でも沢山ありますが、
一日に3回も見えるとは、ラッキーでした。

 
 ▼キトンボ♂×ネキトンボ♀ 交尾

d0156387_17480433.jpg
 

  ▼キトンボ♂-ネキトンボ♀ 連結産卵

d0156387_17475979.jpg


ということで、バタバタしながらも、他のトンボも撮影。
ヒメアカネが意外と多くの個体がいたのは、嬉しい誤算でした。


  ▼ヒメアカネ♂ 縄張

d0156387_17473840.jpg

  ▼オオアオイトトンボ♂ 縄張

d0156387_17474907.jpg

  ▼マユタテアカネ 交尾

d0156387_17475326.jpg

  ▼チョウトンボ♂ 縄張

d0156387_17474555.jpg

  ▼ベニトンボ♀ 休止
d0156387_17473395.jpg


帰り道に少し寄り道しました。
谷戸のドン詰めでアカネの状況調査です。
ナツアカネが殆んどで、アキアカネも少しですが混ざっていました。
また、コノシメトンボが10頭以上いました。
周辺に生息地がありそうです。


  ▼アカネ属 sp.

d0156387_17472637.jpg



  ▼コノシメトンボ♂ 休止

d0156387_17472147.jpg

  ▼コノシメトンボ ♂+♀+♀

d0156387_17471402.jpg



[PR]
# by z-akatombo | 2018-10-13 17:50 | トンボ | Comments(2)