ブログトップ

徳島県のトンボ観察記

akatombo.exblog.jp

徳島県のトンボ blog

出発時、西の方は晴れていましたが、東の方は雨が降っているのか、ちょっと暗い感じ・・
梅雨も明けたから、大丈夫だろうと東へ向かいますが、雨になってしまいました。
しばらくすれば晴れるだろうと、時間をつぶしてからナゴヤサナエの産地へ。

水面には2~3頭しか飛んでいません。
新調のの胴長で水の中に入ると、何頭も休んでいます。
トンボも暑いのでしょう~

  ▼ナゴヤサナエ♂ 休止・縄張り?
d0156387_21451567.jpg
d0156387_21450982.jpg
d0156387_21445824.jpg

水位計のコン柱には今年も羽化殻がありました。

  ▼ナゴヤサナエ 羽化殻
d0156387_21445447.jpg

交尾を待ちますが、なかなか現れず、暑さでこちらの方が降参です。
キイロヤマトンボも今日は未見でした。


  ▼アオモンイトトンボ 交尾
d0156387_21444765.jpg

d0156387_21444306.jpg


  ▼セスジイトトンボ♀ 羽化直後
d0156387_21443760.jpg

  ▼オオシオカラトンボ ダブル産卵
d0156387_21440204.jpg




[PR]
# by z-akatombo | 2017-07-21 21:45 | トンボ | Comments(0)
本日の目的は、愛媛県のミナミヤンマ調査です。
7年ほど前に♀の翅にバンドの濃い個体が採れていますが、
以後、追加記録がなく全体像が見えていません。

高知のSさんが調査に訪れるということなので、急遽同行することとしました。
総勢6名での大捜索です(笑)。
こちらからは、乗り合わせをしながら、現地に6時30分集合なので
4時過ぎには出発しなくてはいけません。

早いなあとは思いながらも、早いついでに
もっと早く出てタイワンウチワヤンマの羽化を狙って見ようと午前2時前には出発しました。

現地には2時過ぎに到着。
やっぱ夜の溜池で1人は怖いですね~。

この時間でも、羽化して飛び立っているような羽化殻もありましたが、
運良く、1♀1♂の羽化をすぐに見つけることができました。

 ▼タイワンウチワヤンマ♂ 羽化 午前2時20分
d0156387_22055406.jpg
この個体は10分後には、飛び立っていなくなっていました。


 ▼タイワンウチワヤンマ♀ 羽化 午前2時25分
d0156387_22054857.jpg

 ▼タイワンウチワヤンマ♀ 羽化 午前2時33分
d0156387_22051756.jpg
 ▼タイワンウチワヤンマ♀ 羽化 午前2時58分
d0156387_22050249.jpg

この個体も、この後暗闇の中、飛んでいきました。


さて、本命のミナミヤンマの調査地点には、予定どおり6名が結集 www
しかし、曇り空で時折小雨がぱらつく天候で、気温もそれほど上がらず・・・・

結局、11時まで粘りましたがオニヤンマ、コヤマトンボなどは摂食飛翔に現れますが、
ミナミヤンマは現れませんでした。
本来の生息場所は、ずっと上流のようで、なかなか手強そうな場所です。

  ▼観察地
d0156387_22043390.jpg

お昼以降、晴れたり土砂降りとなったりと不安定な天候となりました。
以後は帰りに撮影したものです。

  ▼コオニヤンマ♀
d0156387_22040384.jpg

  ▼キイトトンボ 連結産卵
d0156387_22033340.jpg


  ▼エゾトンボ♂ 縄張り飛翔
d0156387_22030430.jpg

  ▼タイワンウチワヤンマ♂ 縄張り
d0156387_22023427.jpg





[PR]
# by z-akatombo | 2017-07-19 22:06 | トンボ | Comments(0)
本日も三好市方面へ。しかし、全く成果なしでした~~

まず、山中の湿原へ。湿原といっても小規模な止水域ですが。
ルリボシヤンマの羽化狙いだったのですが、タカネトンボのみでした。
過去には水面にヒルムシロ(?)が適度に繁茂してルリボシヤンマが多産していましたが・・・
ヒルムシロ(?)が殆ど消えてしまっています。

  ▼観察地
d0156387_21161544.jpg
d0156387_21160990.jpg

  ▼タカネトンボ 羽化殻
d0156387_21160315.jpg


その後、東祖谷方面へ行ってみることに。
東祖谷地方はトンボ調査の空白地帯となっているため、どこか調査ポイントを探していました。
グーグルマップなどで見ても渓谷ばかりで、進んで調査には行かないところです。
先日、博物館の方から京柱峠の東の方に小規模な湿地があるということで・・・

国土地理院の地図には、はっきりとした道路が載っていましたが
途中から砂利道となり、あと数キロのところで乗用車では無理っぽく諦めました(涙)。

道中でシコクトゲオトンボとオオシオカラトンボを観察したのみでした。
オオシオカラトンボでさえ、旧東祖谷山村、初記録です。

  ▼シコクトゲオトンボ♂ 縄張り
d0156387_21155831.jpg

  ▼シコクトゲオトンボ 生息環境
   薄暗く、水が滴り落ちる苔むした環境です。
d0156387_21155329.jpg

東祖谷は直線距離では近いですが、ホントに遠いですね。
帰りは、どこかトンボスポットを探しながらですが、
適当な場所も見つからず! 気力もなく! 疲れだけが残った一日でした。

最後に、タイワンウチワヤンマの多産地で羽化殻チェックだけして帰りました。
今日は42個ありました。14日に回収しているので、3日分です。





[PR]
# by z-akatombo | 2017-07-17 21:16 | トンボ | Comments(0)

今日はナゴヤサナエ狙いで出発。
途中、コフキトンボの産地に寄り道です。
昔はコフキトンボなんて掃いて捨てるほどいたのにねぇ~
わざわざ狙わないと見られなくなりました。

久しぶりに整列したコフキトンボを見ることができました。

  ▼コフキトンボ 休止

d0156387_18002374.jpg
d0156387_18001880.jpg

  ▼アオモンイトトンボ 交尾(♂型♀)

d0156387_18001471.jpg



さて、すぐにナゴヤサナエの産地に移動。
しかし、川の中に入ると胴長に穴があいたようで、大浸水です・・・・。
陸からでは交尾は狙えるものの、そんなに上手くはいきません。
諦めて、移動することにしました。


  ▼ナゴヤサナエ♂ 縄張り・休止

d0156387_18000893.jpg
d0156387_18000227.jpg

さて、どこへ行こうか迷いましたが、
ダメ元で北限のミナミヤンマ調査に行くことに。
先日、目撃情報をもらったところです。
初めての場所なのでポイントがわからないので、取りあえず
産卵しそうな場所で1時間ほど待ちましたが、何にも現れず諦めてしまいました。
実績が無い場所なので、そう長く粘れませんね。

谷から出てきて上空を見上げると、大型のヤンマが2頭、
1頭はオニヤンマでしたが、もう1頭はミナミヤンマ!!摂食飛翔していました。
1分ほど経過したときに大型の虫を捕まえ、樹林に消えてしまいました。
いることが分かったので再度、谷の中に戻って♀を待ちましたが、あえなく失敗に終わりました。
来年、羽化時期に調査に来たいと思います。


  ▼観察地

d0156387_17595731.jpg

  ▼ミナミヤンマ 摂食飛翔

d0156387_17595212.jpg

  ▼ナツアカネ♀ (今年初見)

d0156387_17594721.jpg

続いて、ヒメサナエの産卵狙いに。
現地では♂が7~8頭が縄張りを張って♀を待っています。


  ▼観察地

d0156387_17594333.jpg

  ▼ヒメサナエ♂ 縄張り
d0156387_17593871.jpg
d0156387_17592966.jpg


待つこと20分、♀が現れたのは良いのですが、足下にやってきて産卵。
レンズが望遠レンズなので、撮れない!
おかげで、じっくり観察できました。

しかし、次が続いてくれません。
30分ほど待って♀がやってきましたが、すぐに♂に連れ去られていました。
♂の写真を撮った後は、追っ払ってましたが、暫くすると帰ってくるので仕方ないですね。

その後も暫く待ちましたが、♀は現れず、今日は終了。


  ▼ミヤマカワトンボ♂

d0156387_17592409.jpg





[PR]
# by z-akatombo | 2017-07-15 18:00 | トンボ | Comments(0)